calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

archives

美ヶ原トレイルランinながわ!で得たもの

tpakioです。

予想以上にきつかったです。
エントリーは簡単に考えていたので
余裕で完走のつもりでした。

コース説明の時に初めて
このコースの難易度の高さにビックリ。

この時点で後悔しました。

宿はかなりやっつけのお仕事で私たちを出迎えてくださいました。
全てにおいて怠慢としか思わせない対応ぶり。

何を聞いても分からないことが多過ぎ。
もう少し大会の内容を把握しておいてほしかったです。

こんな感じの宿を後にしたので気持ちは、
が、なんと畳でスタートの準備をするのが初めてで
かなりアゲアゲなテンションだったのです。

ゆっくり朝食もとることができ
(赤いきつねとおむすび2っつとバナナ)
トイレも渋滞もなく快適な環境でした。

スタート前の状態はツイッター的な感じ。
ワクワクでしたね。

スタートして1時間もしないうち世界がものすごい勢いで
色を足していきました。
この光景は奇跡といっても過言ではないです。

朝焼が見せてくれた光景は
なんまんだぶなんまんだぶ、です。

ここのコースはとにかく稜線ランが絶景です。
今までのトレイルの中でもここまで絶景はありませんでした。
たいして出ていないかもしれませんが
走っていただければ自分がそういうのもご理解いただけるはず。

とにかく美しかったです。

ラン中は気持ちの浮き沈みが半端なかったです。
その中で今回の収穫はだましだましやり過ごせたことです。
このランがリタイヤに終わったら自分的に跡がないと
確信していたので気合いも入ったかも。

レース途中の難関は45キロ地点でした。
9キロ500mの登り区間の5キロ地点
もうだめでした。
それを救ってくれたのが
あんマーガリンのコッペパンです。
35キロ超えた地点で自分へのご褒美として
とっておいたアイテムでした。

その後は生まれ変わったランに自分でも驚き。

そこまでの自分が想像していたのは
関門で足切りでしたが
確実にゴールをイメージすることが
できるようになったのです。

後半はリセットされた自分でトレイル心から
楽しむことができました。
特にゴール間際に走れたことが自分にとって
初体験だったので気持ちよかったです。

本日はだいぶロボコンですが
ポンコツではないようです。

出てよかったです。
完走ができたからこそではありますが
最高のトレイルと言えるほどの感想です。

唯一エイドの内容がほとんど一緒だったのは飽きました。
その中でお汁粉の汁は抜群の栄養ドリンクでした。

自分の入ったときにエイドの充実感はありました。
A5のエイドではコーラが終わっていましたが
それくらいがゲットできなかったアイテムでした。

各エイドで気になったのは
一か所以外ペットボトルでの補給で
ふんだんではないですが
満足いくものでしたし安心でした。

白馬エイド担当
がんばんないとです。

トレイルサイコーカも。

コメント
完走おめでとうございます!ゆっくり休んで下さい。
  • tana
  • 2013/09/02 12:00 AM
ありがとさーん。
  • tpakio
  • 2013/09/04 12:48 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック